ほくろ除去でコンプレックス改善【治療の成果を確実にしたいなら】

サイトメニュー

カウンセリング

目立たなく直すことが大事

ほくろは大きなサイズのものが顔や首まわりなどに発生すると審美的に大きな問題になります。治療にはメスを用いた除去手術やレーザー治療になります。各種の民間療法も幾つか知られていますが、効果は不確実です。安全に除去するには病院を受診することです。

医者

レーザーで簡単に取る

ほくろの除去は、簡単にレーザーで取る施術が一般的で、時間もすぐに終って、痛みもあまり感じなくて済みます。しかし、施術後のケアをしっかりとしないといけないので、病院の先生と相談しながら施術を行なうことが大事です。

医者と看護師

相談しながら行なう

ほくろを除去するには、まずは費用など気になる場合は、相談してカウンセリングを受けることが大事です。それから自分が納得できたら施術を行なってもらいます。気になることはしっかりと聞いてから施術をすることが大事です。

再発の予防もする治療法

顔に触れる女性

外見に自信が持てる

ほくろを除去する時には再発をしないように治療することを気にかけておかないといけません。ほくろは皮膚の表面に色がついているだけではなく、皮膚の内側の色をつける働きをする細胞が原因になっているので、それを取り除かなければ再発をしてしまいます。かといって深く組織をとりすぎると傷跡が大きくなりますし、完治するまでに時間がかかってしまいます。そのため、切除を行う時には事前に医師が十分な診察を行い、ほくろの種類や性質を見極めます。実際に施術を行う時には炭酸ガスレーザーを用いて行うことがほとんどですが、クリニックによっては2種類のレーザーを併用していることもあります。これは一つは患部を除去するためのレーザーで、もうひとつは皮膚に残ったほくろを作る細胞を除去するためのものです。どれだけ注意深く施術を行っても目に見えない組織が体に残ってしまうことがあるので、それをもうひとつのレーザーで取り除きます。これはメラニン色素だけに反応をする特殊なレーザーなので、皮膚に色をつけてほくろを作る組織だけに集中して効果を出します。このように2種類のレーザーを使うことで必要最低限の切除にしながら、取り残しをなくすことができます。通常の治療ではどうしても再発を起こしやすかったり、再発を起こさないように深く切り取る必要がでてくるという問題があるので、治療の成果を確実にしたい時には2種類のレーザーを使う方法もおすすめです。行っているクリニックには限りがあるので、事前に治療方法を調べてから受診するようにしましょう。ほくろは人によってできやすさに違いがありますが、紫外線との関係が深いことからも年齢とともに数が増えていくという特徴があります。子供の頃にはなかった場所に小さなものができることもあり、それが外見のイメージを大きく変えてしまうこともあります。それ以外にも小さな頃から目立つ場所にできている場合にも見た目のコンプレックスになってしまうことがあります。ほくろ自体は悪性のものでなければ命に関わることはありませんが、見た目の問題も無視することはできません。見た目に自信が持てないことで性格にも大きな影響を及ぼすことがあるので、治療をすることで自分に自信が持てるようになるのであれば性格を明るくすることができるかもしれません。人前に出るのが苦手だと言う人の中には見た目にコンプレックスがあり、人前に出るのが怖いという気持ちをもつ人もいます。その場合にはほくろをなくすことで自信をもつことができ、人前にも堂々と出られるようにすることができます。このようにただ見た目の問題だけだったとしても精神的な効果が大きいのでほくろを除去する施術には大変人気があります。過去にはほくろをとるために手術をする必要がありましたが、今はレーザーで短時間で除去することができるので、忙しい人でも日帰りで施術を受けられます。かかる時間は1か所で5〜10分なのですぐに終わりますし、その後はいつも通りに入浴をすることもできます。翌日から仕事をすることもできるので、特別な休みを用意する必要が内というところも大きな魅力です。

人気記事

医者と看護師

相談しながら行なう

ほくろを除去するには、まずは費用など気になる場合は、相談してカウンセリングを受けることが大事です。それから自分が納得できたら施術を行なってもらいます。気になることはしっかりと聞いてから施術をすることが大事です。