ほくろ除去でコンプレックス改善【治療の成果を確実にしたいなら】

サイトメニュー

目立たなく直すことが大事

カウンセリング

民間療法は自己責任になる

人間の皮膚には色々なデキモノができますが、中でもほくろは代表的なもので人種的にできやすさには違いがありますが、日本人の場合は全身に10個ほどできているのが一般的とされています。メラニン色素が増えたものから脂肪のかたまりであったり、老化現象の一種にとして発生するもの等色々な種類がありますが、悪性のものを除いて放置しておいても特に問題になることはありません。しかし顔や首周りなどの衣服でも隠すことができずに、人の視線にさらされている場所では審美的に深刻な問題になるので、手術などで除去することも良く行なわれています。診療科目は皮膚科や美容クリニックなどで受けることになりますが、除去手術には幾つかの方法があり、それぞれの特徴やほくろのサイズや種類に応じて、状況に応じて最適の方法が選択されることになる訳です。一般的なのはメスを用いて切開し、外科的に切除するというものです。傷跡はほくろの直径より少し大きくなりますが組織を完全に除去できるので再発のリスクがほとんど無く完治を期待できる方法です。直径が5ミリを越え、表面に大きな隆起を伴うようなほくろでは、くりぬき法による除去手術が選択される場合があります。表面に隆起するほどのサイズのものでは、皮膚の内部にも根を持っているので、ある程度深くまで組織を取り除きます。傷が深くなるまで縫合あとが目立たなくなるまで時間が必要ですが、巨大なものでも確実に除去できるのがメリットです。表面がなだらかでさほどの広がりを持たない場合は、炭酸ガスレーザーなども有効です。ほくろには表面が平坦なものや盛り上がったもの、サイズも大小色々ありますが、サイズが小さい場合には各種の民間療法で除去することも不可能ではありません。もぐさを使って表面組織を加熱する方法や、ほくろ除去クリームを使用する方法など、色々な民間療法が存在し一部では実践されているようです。ただしこれらの治療の有効性は確実性に欠けているので、どこまでの治療成績を期待できるかは全て自己責任になります。なかには敏感肌の肩が実践すると荒れてしまったり、傷口ができてしまって感染症などの二次リスクが存在することも指摘されています。また別の側面から問題になるのは、ほくろ自体が悪性の場合、下手な刺激を与えると全身転移してしまうリスクを飛躍的に高めてしまうことがある点です。周囲の組織に浸潤性に発育し、全身転移のリスクも高いのは悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれているもので、日本人は西洋人などに比較すると患者数も少ないとされていますが、オゾン層の破壊による紫外線暴露のリスクが高まることで日本でも増加の懸念が示されています。日本人の場合足の裏やかかとに多く発生することが多いですが、高齢者の顔に発生することも珍しくありません。また年齢にかかわらず巨大なサイズのほくろや短期間に休息に大きく成長してきたものについては慎重に取扱う必要があります。確かに皮膚科や美容クリニックに受診して治療を受けるのは費用がかかりますが、民間療法は効果そのものに疑問があるばかりでなく、個人差も大きくその結果生じたトラブルは自己責任になります。また悪性のリスクもあるので素人が除去しようとするのは控えるのが賢明です。